札幌ぶらぶら食べ歩き、雑記。

札幌食べ歩きブログ。ばくだんいわに似ていると言われる。

【札幌中心部】イノダコーヒ。京都の老舗喫茶店。昭和レトロを大丸で。

こんばんは。

 

北海道の夏フェスといえば、やっぱりライジングサン・ロックフェスティバルですね。

 

私が中学生くらいの頃からはじまった通称ライジング。

最初私は「ライジングサン?どこのパチンコ屋の催しだろう」と思っていましたが、

あの広い空に響き渡る音楽。一度行ったら病みつきになりますね。

なによりあの非日常感は、かの千葉県にある夢の国と匹敵するとまで言われています。

 

ちなみにライジングの会場は石狩にあると思っていましたが、住所は小樽市だったんですね。

多分会場の中100人に聞いたら、うち98人はここが石狩だと胸を張って答えることでしょう。

(ちなみに私はさっきwikipediaで知りました)

 

今年は山の日と日程が重なったせいなのか(もしや来年も?)チケットは前代未聞の売り切れ。

 

サンステにはTMRevolutionに影山ヒロノブORANGE RANGEでしょー

レッドスターにはthe band apartにFIVE NEW OLD。

デフガレッジに打首獄門同好会だなー

 

やむなく私は上記のライジングサンロックフェスティバル2017を脳内にて開催したわけですが、

 

知人によるとチケットは数倍の値段でオークションで落とし、実際の会場は雨と寒さで天気に恵まれなかったようなので、

心から今年は脳内開催でよかったなあと思いましたし、来年も脳内開催で十分なのではとすら思っています。

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーー

 

イノダコーヒ 札幌大丸支店

 

イノダコーヒー」でなく「イノダコーヒなんですね。

「ありたみかん」じゃなくて「ありだみかん」であるのと同じくらい、間違えたら怒られそうなこだわりが感じられます。

 

大丸の7階にあるのですが、レトロでアンティークでいささか昭和な雰囲気なので、

「カフェ」というより「喫茶店」という言葉が似合います。

平日の昼間だというのに、マダムでほぼ満席。

 

私は期間限定のスイーツとコーヒーが付いたセットにしました。

 

f:id:matsurionna:20170820232423j:image

 

プレートに乗ったミルフィーユ。

 

抹茶アイスとパイ生地、ベリーのソースが意外な組み合わせです。優雅な気持ちになれます。

 

 

ところで、コーヒー屋さんって○○コーヒーって名がつくところ多くないですか?

 

イノダコーヒ、チモトコーヒー、コメダ珈琲、星乃珈琲、横井珈琲、徳光珈琲、丸美珈琲、美鈴珈琲…

 

2秒でもこんなに思いつきますもの。 

 

実際、私はコメダコーヒーだと思って入店し「あれ、シロノワールがない」と思いましたが、

 

多分店内のマダム10人に聞いたら、うち9人はここの店名を正しく答えられないでしょう。

 

ちなみに私はこの記事を書くまで、チモトコーヒーだと思っていました。

wikipediaで調べて間違っていたことに気づきました) 

 

イノダコーヒ

  札幌市中央区北5条西4丁目 大丸札幌店7階

 

場所柄、赤ちゃん連れのお母さんもいましたし、子連れでも連れて行きやすい感じだと思います。