何か食べつつ急いでゐる

札幌発、子育てしつつ、食べ歩きつつ。

【西区】焼きいもや。コスパ抜群!冬はほかほか、夏はひんやりの焼き芋専門店。

じゃがいもって、人参、玉ねぎとともに料理の幅が広く日持ちする万能野菜として持ち上げられていますが、

じゃがいもって、そんなに日持ちしなくない?

 

いや、あーたの保存の仕方が悪いんじゃないの?

とつっこむ方もいるでしょう。それは認めます。

ただ私はじゃがいもも人参も玉ねぎも等しく平等に野菜室にただぶちこんでいるので、比較の問題として申し上げているわけです。

 

じゃがいもっていつの間にかニョキニョキと芽を出していません(しかもめちゃくちゃキモい)?あと一見大丈夫そうだと思って皮をむいて芽を取って中を切ってみると真っ黒だったというパターンめっちゃタチが悪い。

何せじゃがいもはゴツゴツした形のせいで皮がむきにくいんですよ。まして芽には毒があるから大きくほじくる手間。一方玉ねぎは子どもでも簡単にむけるし、人参にいたっては皮むかなくていいんだから。

 

こんなに扱いにくいくせに、コロッケ、フライドポテト、ポテトサラダなど自分が主役のおかず人気が高いからってじゃがいもがいい気になっているんです。だから余計に「じゃがいもって実は扱いにくいんじゃ…?」とみんな心では思っていても言えなくなる。じゃがいもはどんどん調子に乗る。じゃがいも人気って実は虚構なんじゃない?

 

そんなことを思いながらじゃがいもの皮をピーラーでむいていたら自分の爪ももってかれました。

 

ーーーーーーーーーー

 

焼きいもや

 

シンプル過ぎる店名。インターネットで上位検索狙うには危険な店名なのに、「札幌 焼き芋屋」でググると1番にヒットする実力店。

☆こちらもシンプルな店名

 

焼きいもといえばさつまいも。じゃがいもの焼きいもが無いのは皮むいたり芽とったりしなきゃならないから?

ちなみに私は焼き芋のさつまいもの皮は食べちゃう派です。

 

2021年冬の訪問。

場所は発寒。この辺りの土地感が全然ないのですが、ぎんなん通り沿いにあり、すぐ横に生鮮市場があります。

焼きいもやは家のガレージ部分が店舗になっていて、お店の前まで行くと中から面白オーラを隠しきれないナイスミドルな男性が出てきてくれます。

 

取り扱っているお芋は、紅はるかとシルクスイート。

お、おう?

 

じゃがいもの品種だったら男爵がほくほく、メイクイーンがしっとり、と学校の家庭科で習った気がする。

けれどさつまいもの品種って全然分からないな、どっちかがほくほくで、どっちかがねっとりかな?

 

わたし「ほくほく系はどっちですか?」

 

ナイスミドル「ほくほく系は、ないね!」

 

しまった、どっちもねっとり系だったか。そういやシルクスイートはねっとり系って知ってたな。こりゃ聞き方を間違えた。ねっとり系はどっちですか?あるいは違いはなんですか?と聞くべきだった。これがときめきメモリアルなら「あまり良い印象を与えなかったかな」ってなるやつだ。

 

と省みつつ、紅はるかとシルクスイートを2本ずつお買い上げ。1つ300円とお安いわりにちゃんと大きい。お芋をスチロール箱から出す時、ほら見てごらん、芋からこんなに蜜が出ているよと教えてくれる店主。それをみて湧き出る私の蜜(よだれ)。慣れた手つきで新聞紙でさっと包んで渡してくれました(袋は持参しましょう)。

 

さっそくいただきます。

f:id:matsurionna:20210524232550j:image

左のころんとしているのがシルクスイート、右が紅はるか。


f:id:matsurionna:20210524233729j:image

紅はるかの蜜がすごい!皮についているの、水滴じゃなくて蜜。蜜です蜜です密です。これ小池都知事の記者会見ですか?

 

もちろんめちゃくちゃあまい。美味しい。

紅はるかって、他のさつまいもと比べて「はるかに甘い」から名付けられたんだそうで、糖度は60度にもなるんだとか。みかんの糖度で13度とかですから、バケモノ級の糖度です。

ねっとり系といいつつも、さつまいもらしいほくほくの名残りもあって、大変美味しくいただきました。


f:id:matsurionna:20210528181808j:image

つづいてシルクスイート。ころんとした小太りフォルムが可愛らしいですね。

シルクスイートはその名のとおり、絹のような滑らかな食感が特徴。まずスプーンですくった時の手応えもなめらかで、食べてみると口当たりがきめ細やかで滑らかぁ〜!こしたような絹ごし食感。それでいて紅はるかに負けないくらい甘い。美味しいわぁ。

 

紅はるかもシルクスイートも、しっかりこっくりとした甘さなので、ひとつ食べたら一食分くらいの満足度です。おやつにもいいですし、休日の昼ごはんなんかにも個人的にはいいかなと思っています。

こちらのお店では、寒い季節はほかほかの焼き芋、暑い季節には冷たい冷やし焼き芋が出ています。ホットでもアイスでも、自宅で食べるんならアイスクリームを添えるとより贅沢なスイーツにもなりますね。

ーーーーーーーーーー

焼きいもや

札幌市西区発寒13条4丁目 1-1

 

車はお店前に停められそうです。