何か食べつつ急いでゐる

札幌発、子育てしつつ、食べ歩きつつ。

【北区】3じのおちゃにきてください。月曜限定間借りカフェ、ワンコインランチに蒸しおやき!

冬になると出てくる妖怪をご存知でしょうか。

 

「雪の車道を、時に除雪車の残した雪塊をよけるため後方確認もせずに車道側へ大きくふくらみながらよろよろ走る自転車じじい」

 

「横断歩道でない道路を、自分の足の遅さと車のスピードの目測誤り過ぎて完全に轢かれるタイミングでわざわざ渡ってくるばばあ」

 

ではありません。

彼らはマジで一歩踏み間違えれば我々を地獄に突き落とす悪魔の化身ですが、それは「妖怪」ではなく「老害」です。(うまい!)

 

 

私が言っているのは妖怪「靴下ぬがし」。

彼らは靴の中に住みついていて、温厚な性格なのだけれど、私の履く靴下にかなりのこだわりがあるらしい。ちょっとくたびれていたり、安物だったりと彼らの好みに合わない靴下を履いている日は、私がギュッギュッと雪道を歩くリズムに合わせて、靴下を足首、かかと、土踏まずへとぬがしていく。

それを私が「んもう!」と言いながら靴下をなおすのだが、彼らも躍起になって再度靴下を脱がしにかかってくる。しかし彼らは諦めが悪いので、こうなると仕方なく私はかかと剥き出しの状態で帰路を急ぎ、新品の靴下を出してくるしかないのである。

妖怪「陰毛ちらし」と同じくらい大した実害はないけれど、地味に厄介なものだ。

 

ーーーー

さすがにこんな妖怪は載っていませんが、

こんな生き物たちが沢山紹介されている「大千世界のなかまたち」は子どもの頃大好きな絵本でした(今は絶版となっています)。

 

大千世界の生き物たち

大千世界の生き物たち

  • 作者:スズキ コージ
  • 出版社/メーカー: 架空社
  • 発売日: 1994/05/01
  • メディア: 単行本
 

 

ーーーーーーーーーー

素敵な店名は絵本のタイトルから許可を得て借りたんだそうです。

 

おやつカフェ 3じのおちゃにきてください

 

札幌では珍しいおやき屋さん。

これまで新川エリアで営業されていましたが、2019年11月より麻生キッチンりあんでやっていると知り行ってきました。今流行りの間借りカフェってやつです。

 

営業日は月曜日の10時〜16時とめちゃくちゃハードルが高い。張り切って開店時間の10時に到着したはいいけれど、お店のシャッターは閉まったまま。「しまった!今日は臨時休業か?」と思い近くをうろうろしていたら、中から小さいおばあちゃんが出てきたので店内に入れてもらいました。

このおばあちゃん店主が、可愛らしくて丁寧でにこやかで、とても素敵なんです!

 

ーー

お店の中は、ちょっと懐かしい食堂といった感じ。私が子どもの頃ー平成初期を思い出させる空間。テーブルの上にはいくつかのおやき、英語で言えばサムおやきが並んでいました。

ちなみにこの「おやき」は長野県のソウルフードのそれ。今川焼きのことではありません。いくつか選んでテイクアウトしてきました。

f:id:matsurionna:20200118084731j:image

(一見中華まん)

 

おやきの種類は、野沢菜、つぶあん、かぼちゃ、くるみ味噌など、かなり渋めのラインナップ。

こういうthe郷土料理的なやつ苦手なんだよな〜…ついでに言うとおばあちゃんの作る煮物大好き♡ほっこり♡とわざわざSNSで言う女子も苦手なんだよな〜と思いつつ中を割って食べてみたら、

f:id:matsurionna:20200118084752j:image

うんめぇ〜〜〜〜🐐

(うめぇヤギさん出没しました)

 

この野沢菜の濃いめで甘塩っぱい味つけ、好きだなぁ。おやきもいいけど、ご飯のお供にしたいからこれ単品で売ってほしいレベル。うんめぇ〜〜🐐🐐

 

あともう一つ買った枝豆チーズ、

f:id:matsurionna:20200118084810j:image

半分に割ってお皿に置いておいたら、

次女が「うぉしー(おいしい)」といいながら枝豆をほじくり出して全部食べてしまったので、実質私は残った「まん」の部分だけ食べる事態となりました。

 

ーーーー

さて、お店ではおやきの他にも、スコーン、蒸しパン、シフォンケーキ、焼き菓子といった手づくりおやつも売られています。ラインナップは日によって違いますが、私が行った時にあった柚子はちみつ味のシフォンケーキ。

 

f:id:matsurionna:20200118011819j:image

次女用に買ったのですが、次女は枝豆を食べて満足したので、仕方なく私の胃袋におさまりました。柚子がふわっと香り、はちみつの甘さがふわっと包む美味しいシフォンケーキ。食べる時に手でちぎってたら、その感触が何かに似てるなと1週間くらい悩んでいたんですけど、メラミンスポンジ(激落ちくんなど)をちぎる感触でした。高密度な触感。

 

ちなみに焼き菓子はおばあちゃんではなく、お店を手伝っているスタッフの方が作っているんだそう。チョコレートケーキ、こちらも美味しかった!

f:id:matsurionna:20200118012013j:image

 

2020年2月17日追記

また別の日に行ってみたら、焼き菓子は全然違うラインナップ!

f:id:matsurionna:20200217235013j:image

レモンケーキ200円、チョコレートケーキ130円。どちらも小ぶりとはいえお安い!

レモンケーキはさわやかなレモンが香って美味しい〜。上にかかっているのはホワイトチョコなので、全体的に甘めな仕上がり。

チョコレートケーキはガトーショコラ!本格ケーキ屋さんのものと変わらないくらい美味しかったです。

 

ーーーーーー

と、ここまでテイクアウトのおやきやおやつを紹介してきましたが、このお店ではなんとワンコインランチがいただけちゃうんです。

メニューは日によって違うのでお店のインスタグラムをチェックしてほしいのですが、

ある日は

富良野風オムカレー

長芋と赤大根のピクルス

グリーンサラダ

フライドパンプキン

枝豆のスープ

またある日は

ポトフ

ペンネのミートソースがけ

きんぴらごぼう

切り干し大根

 

なんていう、身体にも心にも懐にも優しい献立なんです。営業日というハードルを超えられればぜひ食べに行きたい…!

 

 

ーーーーーーーーーー

おやつカフェ 3じのおちゃにきてください

札幌市北区北39条西5丁目2-12 麻生キッチンりあん

営業日は、月曜日10時〜16時です。

(※変更になる場合がありますので、お店のインスタグラムをチェックしてください)

 

 

☆麻生スイーツ、まとめました。

 

[最終更新日 2020年3月18日]