何か食べつつ急いでゐる

札幌発、子育てしつつ、食べ歩きつつ。

【白石区等】どんぐり。ちくわパンだけじゃない!私のおすすめを全力で紹介します。

春、新生活の季節ですね。

部屋探しをする時、最も重視するところは何でしょう。

 

駅近?

おっしゃるとおり!

特に札幌は雪が降るので、天候に左右されない地下鉄が必須です。

じゃあその次は?

 

 

そう、パン屋です。

 

「チョ、マテヨ!」

「え、まって、ふつーにコンビニとかスーパーじゃん?え、まってパンとかホントむり」

「たしかにかーに」

 

という皆さん。

 

待ちまーす

(静かになるまで、5分かかりました)

 

よく考えてみてください。

大前提として、駅近に住むんですよね?この時代、駅近はコンビニ近と同義じゃないですか。

コンビニがあればスーパーはいらないよなぁ?なぁ?(胸ぐらを掴みながら

 

 

パン屋は万能です。

 

月火水木朝昼晩、それにおやつ、いつでも美味しく食べられます。

牛丼屋も近くにあったらそりゃ嬉しいけど、おやつに牛丼食べられませんよね。

え?食べる?あっキン肉スグルさんでしたか失礼しました(胸ぐらをつかんだ手を離す

 

 

パンはパンでも一般的には食べられないパンはパンツであるように、

パン屋はパン屋でも一般的には安くて美味しいパン屋の方が嬉しいですよね。

 

 

ということで!

札幌の女性1名に聞いた家の近くにあったら嬉しいパン屋さんランキングいってみましょう。チェーケラ!

 

 

 

ーーーーーーーーーー

 

第1位(1票獲得)

 

焼きたてパンの店 どんぐり

 

1983年創業、大人気のパン屋さん。

札幌市内に8店舗展開、地元民に愛されるローカルチェーンです。

札幌のローカルチェーンといえば、みよしのの餃子カレーなんていう人もいますが(参考記事【遂に完成】「47都道府県のローカルチェーン店まとめ」が出来たので見て欲しい【疲労困憊】 - ぐるなび みんなのごはん)、

私は老若男女食べられるどんぐりのちくわパン推しです。好きすぎてマジで毎週通っています。

 

どれも安くて美味しいので、ひとつひとつ紹介していくのはやぶさかでないのですが、

労力の都合上やむなく、とびっきりの3品を選びました。

 

f:id:matsurionna:20190317181315j:image

 

  • ちくわパン(156円)
  • テリたまチキンパン(194円)
  • クロワッサンダマンド(205円)

 

まずはちくわパンをどうぞ。

f:id:matsurionna:20190318104311j:image

パンの中のちくわの中にツナサラダが入っています。アリの巣を見つけたら水を注ぎたくなるように、穴を見つけたら何か入れたくなるのが人の性というものですよね。

 

人気パンだけあって常に焼きたてが並んでいます。しかも、その焼きたてを超える、焼きたて超(スーパー)が出来上がったらレジで交換してくれるサービスも素敵です。

 

あの星野源さんが美味しいといったおかげで、彼の札幌ライブの日、ファンがちくわパンを爆買いし一時的に品薄になったということがありました(ホシノミクス、2018)

 

 

次はテリたまチキンパンをほおばれ。

f:id:matsurionna:20190318110003j:image

 

バターロール生地にザンギが2つ、テリテリの照り焼きソースが塗られています。ザンギの下にはたっぷりたまごサラダ!ボリューム満点。

がぶりとかぶりつくと、お口の周りがコペコペに、おててがテラテラになるのはご愛嬌。

 

さっきのちくわパンと合わせてお値段350円。ちなみにすき家の牛丼並盛も350円です。キン肉マンさん、いかがですか?

 

{┤:⊃@))(うぅむ、互角の戦いだ…)

 

↑(首を90度左に傾けてね!骨折に注意!)

 

 

最後はクロワッサンダマンドでお口直し。

f:id:matsurionna:20190318110830j:image

サクサクのクロワッサンにサクサクのダマンド生地。

ダマンド生地が羽根つき餃子の羽根のよう。たい焼きも羽根付きが好まれますし、お正月には羽根つきますし、我々と羽根は深い絆で結ばれているようです。

 

もちろんなまらおいB(おいCの上位)

 

 

 

さて、悩みに悩んで3つに厳選したこのパンのバランス感、アンパン食パンカレーパンの次に最高じゃないですか。

ドキッ!どんぐりだらけのパン皿大会(ポロリもあるよ)があったら優勝確定間違いなし。

 

(審査員より)

  年間の新商品開発数は500を超えるというどんぐりのパンをたった3つに絞るという難題に対し、どう向き合って表現していくかが争点となった今大会。

公式HPにも紹介されている定番のちくわパン、人気のテリたまチキンパンを入れていったあたり「置きに行った感」は否めません。しかしホシノミクスしかり、定番のパンだからこそ生み出せるバズもある。その根底にあるのは長く培ってきた信頼と安心。新しいものばかりが注目される現代、今一度古き良きものを見直す時がきたのかもしれませんね…

 また、塩味と甘味のバランスはもちろんのこと、最後に添えた作者おすすめのクロワッサンダマンドはまさに「春暖かくなり一旦雪解けして固まった道路のきったねぇ氷の上にさらりと積もった風花(かざはな)」。なんとも季節感と郷土愛に満ち溢れたパン皿、優勝とさせていただきます。

 

ちなみに私が好きなパンはクイニーアマンなんですが、りんごの甘煮が入っているので好き嫌いが分かれちゃうんですよね(彦摩呂が「好きな人にはたまらないでしょうねー」っていうやつ)

 

 

(参考:春、札幌の道路に点在するクロワッサンダマンドのような雪の塊

f:id:matsurionna:20190323150027j:image

 

 

ほら優勝!

(うっかり審査員の本音がポロリと出てしまいましたね❤︎)

 

とはいえ、

「全て自作自演。茶番すな」

「ちくわパンもいいけど、丸ごとじゃがベーの方がもっと好き!」

「たしかにかーに」

なんて方もいるでしょう。本当にそう。

 

 

だけど、

好きとか嫌いとか最初に言いだしたのは誰なのかしら(もっと!モット!どんぐり)

人の数だけパン皿はある!我こそはどんぐりファン、この皿の方がときめくという方は、大会へのご参加お待ちしています(スタートボタン押下で乱入できます)

 

 

さて、どんぐりはパンだけでなくスイーツもたまらなく美味しいのです。

f:id:matsurionna:20190320110227j:image

  • とろりんチーズタルト(162円)
  • レーズンバターサンド(129円)

 

札幌でチーズタルトといえばきのとや。今や全国区でBAKEとして展開していますが、それと匹敵するほど美味しいです。

 

また、レーズンバターサンドといえば六花亭。どんぐりのレーズンバターサンドは一回り大きく、生地はサクサク。食べ比べてみるのも楽しいですよ!

 

ちなみにこの2つで291円(すき家の牛丼ミニは290円)

おやつに食べるとしたら、あなたはどちらを食べますか?決まってますよね?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

{┤:⊃@))(牛丼ですな!)

 

 

 

ずこー!

 

 

 

ーーーーーーーーーー

 

キン肉マンは置いときまして、

家の近くに欲しいのはパン屋だということがお分かりいただけただろうか…(もう一度ご覧いただこう…)

 

そうです、本当に必要なのはパン屋なのです!

へのつっぱりはいらんですよ!

 

 

ちなみに札幌の8店舗のうち地下鉄駅から近い店舗は、

本店・大通店・琴似店・新さっぽろ店の5店舗なのですが、

 

調査の結果、

上記すべての店舗近隣に牛丼屋があることが判明しましたのでお伝えしておきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

ずこー!

 

 

 

焼きたてパンのお店 どんぐり 本店

札幌市白石区南郷通8丁目南1-7

 

 

☆地元民、観光客に愛されるサンドウィッチの名店。

 

☆レーズンバターサンド(私は霜だたみ推し)で有名な六花亭。

 

[最終更新日 2020年6月7日]