何か食べつつ急いでゐる

札幌発、食べ歩きと小ネタを織り交ぜながら書き綴るブログ。

【岩見沢市】お菓子のほんだ。キッズスペースに公園あり。焼き立てアップルパイの名店。

こんばんは。

 

ウチにはルンバがあります。

ルンバとは、ロボット掃除機のことです。

ルンバはウチの中で最も便利な家電の一つです。

私たちは彼を「ルンバちゃん」と呼びます。

(中学英語のように)

 

調子に乗って買ったルンバ。

当初はよく使っていましたが、子どもが散らかしたおもちゃを片付けるのが次第に面倒になりお蔵入り。

 

その後2人目が生まれ、

このゴミめ放置できぬ、だがしかし掃除機をかけるのは億劫である。さてどうしたものか。

(高校現代文のように)

と案じていたところルンバを思い出し、スイッチを入れました。

 

トゥルットゥルー♫

(con brio=コン・ブリオ=活気をもって)

 

ルンバの上には埃。

自らの埃を撒き散らしながら動くルンバは健気なものです。

 

購入額約80,000円。

一回約一時間稼動、今まで約30回の起動とすると、

ルンバの時給は80,000円÷30時間=2,660円

現在北海道の最低賃金は835円だから、人間の3倍以上の価値になる。

(小学校社会のテストなのに算数問題のやつ風に)

 

つべこべ言いましたが結論は、

赤ちゃんがいる家庭はルンバがオススメ

 

以上です。

 

ーーーーーーーーーー

 

お菓子のほんだ

 

りんごが美味しい季節になりました。

そんなりんごのお菓子で日本一を目指すとうたう砂川のお菓子屋さん。

 

妊娠中、美味しいアップルパイが無性に食べたくなり、

つわりのせいだとか適当なこと言って岩見沢のお店まで買いに来ました。

f:id:matsurionna:20181015150703j:image 

 

焼き立てアップルパイの消費期限は一日。

帰るまで待てず、車内でいただきました。

 

生地さっくさく!

りんごの甘酸っぱさが絶妙で、めちゃくちゃ美味しい!

 

アップルパイといえばミスドかマックくらいしか食べる機会がない私からすると一個380円はなかなかの高値だけれど、納得の美味しさ。

もう無性にアップルパイが食べたくなる時期は通り過ぎたけど、思い出すだけで無性に食べたくなる魔性のアップルパイです。

 

ちなみに行った時はなにかのイベントだったのか、

子どもに一回ガチャガチャさせてくれ、その景品として200円相当の焼き菓子がもらえたので、

アップルパイ一個しか買ってないのにすごくお得な感じになりました。

 

お店にはキッズスペース、お店の横には公園があるので、子連れにとてもおすすめのお店です。

 

 

お菓子のほんだ 岩見沢いなほ公園店

北海道岩見沢市6条西19丁目4番

 

 

☆札幌の美味しいりんごのお菓子といえば!

 

 

【豊平区】八絋学園 農産物直売所。これぞ北海道!の美味しいソフトクリーム。

こんばんは。

 

先月の大規模停電で、冷凍庫の食料がダメになったお宅も多いと思います。

 

一旦全部溶けたうえで再度冷凍となったわけで、食べられなさそうなものは捨てたのですが、

 

 

アイス…

やっすいアイスならともかくとして←

ハーゲンダッツを捨てるのは心が痛む。

 

ちなみにロッテのホームページによると、

「溶けてまた固まったアイスは身体には影響ないけど、美味しくないからやめた方がいいよ」

的なことが書かれていたのですが、もったいないので試しに食べてみました。

 

 

いざハーゲンダッツバニラ。

 

 

 

 

!!

 

これは、完全にそうだ!!

 

完全に爽!!

 

濃厚なバニラとミルクの風味、そしてなめらかな口どけが売りの高級アイスであるハーゲンダッツが、

 

スッキリ爽やかなバニラとミルクの風味、そしてすっとした口どけが売りのプチプラアイスである爽に生まれ変わったのです。

 

政治的にいえば、カリスマ的独裁国家ハーゲンダッツが雪解けし、

民主的な、さらにいえば大衆的な国家になったということです。

 

つまりこれは革命です。停電革命!

 

ちょっと何言ってるか分からないと思っている方が多数だと思いますが、

実は私も同感ですので、さっさと食べ歩きの記事に移ります。

 

 

ーーーーーーーーーー

 

八絋学園 農産物直売所

 

札幌でソフトクリームが食べられるところはたくさんありますが、

八絋学園のソフトクリームファンが最も多い気がします(私調べ)。

 

これです。

 

f:id:matsurionna:20181005142000j:image

 

(生まれる前の)週末暑い日に行ったのですが、ソフトクリーム目当てのお客さんが大行列。

 

それでも流れ作業でどんどんお客さんをさばいているので、待ち時間はまったく感じませんでした。

 

ソフトクリームは広大な敷地内で食べることができ、

子どもは原っぱで走り回ったり、トラクター的な農業に使う車(写真の後ろにぼやけて写ってる青いやつ)に試乗したりと楽しんでいました。

なので子連れにおすすめ。

 

さて、ソフトクリームの味ですが、

 

 

美味しい!

 

 

 

 

 

 

 

・・・こちらからは以上です。

 

 

私、ハーゲンダッツと爽が違うことがかろうじて分かるくらいで、

アイスやソフトクリームの味がよく分かりません(OvO)

 

多分、

「八絋学園のソフトクリームだよ」

と言われてスジ○ータのソフトクリームを出されても、

 

わぁめっちゃ美味しい!やっぱり八絋学園のは違うね!

 

って感嘆する自信があります。

 

 

みんな、違いが分かるの?

学園のあの雰囲気に騙されてない?

 

 

八絋学園 農産物直売所

札幌市豊平区月寒東2条13丁目1-12

 

駐車場あります。

 

 

☆近くにはジンギスカンのお店も!

 

 

札幌マタニティウィメンズホスピタルで出産しました。

こんばんは。

 

更新が滞っていましたが、

 

出産しました!

 

ということで、今回は出産レポ記事です。

 

 

ーーーーーーーーーー

 

予定日を過ぎても全く生まれる兆しがなく、

このまま41週となればもう入院して産みましょうと言われていたのですが、

 

40w6d、自然と陣痛が来て、そのまま産まれました。

 

実は産まれる前日、

「(土日に産みたかったので)金曜の夜からなら産まれてきていいよ」

とお腹に向かってお願いしていたんですよね。

 

お腹の赤ちゃんがそれに答えてくれた、とかよく言いますが、

私自身の気持ち的なものが陣痛を促す的なホルモン的なものに作用したのではないかなと解釈してます。

 

ちなみに、産まれる前日にはカレーを食べ、6kmくらいウォーキングしました。

さらに産まれた日は大潮だったので、陣痛ジンクスの通りといえばそう。

 

これから産む方は参考にどうぞ。

 

 

 

出産は2回目とはいえ、いきみ方を忘れていましたが、

やっていくうちに思い出しました。

 

そう、

うん○を踏ん張る時とほぼほぼ同じでした。

 

下痢時の腹痛とそれに伴う腸の蠕動運動のタイミングで踏ん張るのと同様に、陣痛の波が来たら息を止めて踏ん張る感じ。

 

下痢時と違うのは、

 

まず、陣痛それ自体の痛みと規模が、腹痛のそれとは比べ物になりません。

地震で例えれば、

下痢時が震度5弱(大半の人が恐怖を覚え、物につかまりたいと感じる)、範囲は腹部なのに対し、

陣痛時は震度8(これまで経験のない強い痛みに動くこともできない)、範囲は腹部、腰部と広範囲に及びます。

 

第2に、やはり出すものの大きさが違います。

 

例えるならば、

肛門出口に特大のカチカチうん○が番をしているなか、奥から最大の下痢波(げりは)が押し寄せてくる感じでしょうか。

 

結果、出口が数センチ裂けましたが、裂けた痛みは全く感じないので、陣痛の痛みが桁外れであることが分かります(数時間後からものすごく痛い)。

 

ちなみに、うん○を踏ん張るのとほぼほぼ同じということはつまり、出産時にはほぼほぼうん○を漏らします

人前で脱糞するなんて生き恥だと思いますが、

(しかも私は導尿もしてもらった)

陣痛が辛くてもうそれどころじゃありません。

 

お産の恥はかき捨て」なんてことわざがあってもいいくらいですね!

 

 

さて、赤ちゃんをにゅるんと出しても、胎盤を出さなければ出産は終わりません。

 

通常、胎盤は自然と出てくるものですが、出ない出ないとざわつくスタッフさん達。

 

赤ちゃんを確認後一度出て行ったドクターが再度呼ばれ、

「出血するかもしれませんから」

と一度外した点滴を再度つけられ、心電図を取られ、エコーも登場し、物々しい雰囲気を肌で感じました。

 

結局、ドクターが子宮の中に手を突っ込み、胎盤を掻き出すことができたので大事には至りませんでしたが、

 

調べると、

癒着胎盤(子宮に胎盤がくっついて離れない)で用手剥離(手で胎盤を剥がす)ということだそうで、

1万人に1人くらいの、なかなか珍しいことで、場合によっては緊急オペで子宮摘出、出血多量で死亡する事例もあったそう。。。

 

 

 

 

ピェ〜

 

 

知った途端に縮み上がりました。

 

出産は命懸けなんて言いますが、大袈裟じゃなかったし他人事じゃなかった。。。

 

 

参考までに、

出産費用は出産育児一時金制度を利用、一部保険内の治療あり、自己負担は約10万円でした。

ただしこの中に部屋の追加料金約4万円が含まれているので、

他の方はもう少し安いと思います。

 

 

ーーーーーーーーーー

 

 

そんな妊娠〜出産を支えてくれた病院は、

1人目と同じ、札幌マタニティウィメンズホスピタル。

 

いい病院でした。以下箇条書き。

 

 

1 アクセスが良い

地下鉄北12条駅から徒歩5分。各方面への無料送迎バスあり。駐車場も多くあり。

また、北大病院が目の前なので、もし何かあっても安心です。

 

 

2 設備がよい

5年くらい前にリニューアルして、建物はとてもキレイです。

全て個室。さらに今回は一泊8,000円の追加料金にて、夫と上の子も一緒に泊まれる和室にしました。

この部屋は布団貸出無料、シャワー・トイレ完備。

DVDプレイヤーあり、タブレット貸出あり(無料Wi-Fi)で上の子が退屈せずにいられました。

旅館みたいで、小旅行気分です。

 

また、産後はエステが受けられますし、フォトブックのプレゼントがあります。

 

 

3 食事が美味しい

人間の三大欲求のうち、性欲(股が裂けてるしそれどころじゃない)と睡眠欲(頻回授乳で寝る暇ない)が満たされない産後、唯一の楽しみが食

 

レストランのような美味しい食事が食べられます。

 

朝食はバイキング形式で、和食と洋食があります。

 

〜朝食〜

 

f:id:matsurionna:20180927175027j:image

※出産後の三食は部屋食で、和食が配膳されました。

 

f:id:matsurionna:20180927175049j:image

※バイキングでは洋食派。オムレツは出来立てを作ってくれました。ホテルのバイキングみたい!

 

〜昼食〜

 

f:id:matsurionna:20180927175139j:image

ハンバーグに、


f:id:matsurionna:20180927175142j:image

麻婆丼

 

 

〜夕食〜

 

f:id:matsurionna:20180927175307j:image

ビビンバに、


f:id:matsurionna:20180927175313j:image


f:id:matsurionna:20180927175310j:image

肉のソテー的なもの。

 

 

〜お祝いディナー〜

家族を交えて、キャンドルライトが灯す中でのお祝いディナー。

別料金ですがお子様メニューもあります。

 

f:id:matsurionna:20180927175335j:image

エビとウニの前菜的なものに、


f:id:matsurionna:20180927175344j:image

魚料理的なもの(鰹的なもの)に、


f:id:matsurionna:20180927175341j:image

肉料理的なもの(鴨肉的なもの)に、


f:id:matsurionna:20180927175338j:image

デザート(ごまアイス的なもの)。

 

写真はないけど食べ放題のパンもありました。

 

 

どれも本当に美味しかった!

 

 

4 スタッフ皆さんとても感じがよい

これが最も重要な点かも。

妊娠・出産時ってホルモンの影響で著しく精神状態が不安定で、イライラメソメソしやすいんです。

それをものすごくよく理解していて、患者さんを腫れ物のように(笑)とても優しく、いつも笑顔で扱ってくださいます。

出産時も授乳時も、とにかく褒めてくださるので気持ちがよいです。

 

助産師さんって、絶対忙しいうえに、命に関わることだから責任感もすごいだろうし、女の職場だから殺伐としていそうなのに、

それを微塵に感じさせないその仕事ぶりはプロフェッショナルです。

 

ちなみに、ここの病院は看護師界でも「雰囲気がよい」ということで評判が良いそうです。

 

他の病院との比較は出来ませんが、

生まれ変わってもまたここの病院で産みたいですし、自分の子や友人にもお勧めしたいところでした。

 

 

 

札幌マタニティウィメンズホスピタル

札幌市北区北13条西4丁目2-23

 

北海道地震から1週間。

今週のお題「わが家の防災対策」

 

こんばんは。

 

9月6日未明に北海道で起きた地震のこと。

1週間経ち、ちょうど備忘録として書き記しておこうと思っていたところでした。

 

 

ーーーーーーーーーー

 

その日はいつものように生後間もない赤子に添い寝していたところ、突然の揺れに驚いて目が覚めました。

 

その直後、

ブイッブイッ 地震です

 

スマホの警告音が鳴ったのですが、すでにかなり揺れていたので、その警告音がことさら恐怖心を煽ります。

とっさに横で寝ている赤子を抱きかかえました。

 

揺れが収まりNHKをつけると、住んでいるところは震度5強。

津波はないとはいえ大丈夫なの?と思っていたところで、プツンと電気とテレビが消えました。

 

真っ暗。停電だ。

でもきっと2、3時間で復旧するだろう、もう少ししたら夜明けだし大丈夫。

 

幸いなことに、水は出ました。

断水に備えてお風呂に水張っておきました。

地震により水道管のサビが混じった汚い水でしたが、トイレを流すのであれば特に問題ありません。

 

4時前。

信号が止まり警察が交通誘導するなか夫が車で出勤していきました。

 

暗闇の中、乳幼児2人を残されて不安で仕方なかったですが、

地震の揺れにも気づかなかった上の子が、呑気になぞなぞなんか出してくれて、気が紛れました。

 

星は星でも、食べられるしょっぱい星はなーに?

 

注:煮干しでも「星たべよ」でもないそうです

 

5時くらいには明るくなり外をのぞいてみると、何人もの人がぶらぶら歩いていました。

きっとテレビもつかないし、眠れないし、落ち着かないので外の様子でも見に行こうと思ったのでしょう。

 

 

5時半頃、上の子がお腹すいたと言うので、早めの朝ごはん。

出勤前に夫が近くのセブンイレブンで買ってきたロールパンを食べました。

そこのセブンイレブンは自家発電で営業していたようで、地震後間もないのにかなりの人だったそうです。

 

ご飯を食べた後は、テレビがつかないしインターネットも使えないので、子どもは退屈しました。

下の子の授乳の合間に、ひたすら上の子とレゴで遊んでいました。

 

9時になると、また子どもがお腹すいたと言うので、ガスが使えることを確認し、備蓄していたカップヌードルを食べました。

かなり早めの昼ごはんです。

 

その後も、授乳とレゴで時間をつぶしながら電気の復旧を待ちました。

 

世の中どうなっているんだろう。でもテレビがつかないし、ラジオもないから情報がない。

 

ラジオのアプリも考えましたが、貴重なスマホの電池を消耗するので辞めました。

スマホの電源が切れたら完全に孤立します。スマホの画面を暗くして、なるべく使わないようにしました。

 

とはいえ、インターネットで少しだけ震災情報を検索。

 

「数時間後に札幌市全域で断水する」などの情報をキャッチしましたが、すぐさま札幌市のHPにて、デマだと確認しました。

 

情報リテラシーは大切です。

 

が、停電については、肝心の北電のHPが全く開かず。

ツイッターでは全面的な復旧には1週間かかるとの情報が流れていました。

 

マジか。

 

夫はいつ帰ってくるか分からないし、余震も怖いしで、同じ市内の実家に身を寄せることにしました。

 

信号が機能していないので、交差点ではそろりそろりと譲り合いながら徐行運転。

途中、車同士の衝突事故現場を目撃しました。

 

 

ーーーーーーーーーー

 

ここで今週のお題、防災対策ですが

 

我が家は

  • 2リットルのペットボトルのお茶を段ボールごと購入してストックしていた
  • レトルト、カップ麺、お菓子などのストックが沢山あった
  • 冷凍庫には肉や野菜などの生鮮食品、ご飯、パンを詰め込んでいた

 

地震が起こる前日、紙おむつを一袋買い足していたこともラッキーでしたし、

母乳育児とはいえ、粉ミルクのストックも沢山あったことも良かったです。

 

逆に、準備がなくて困ったものは、

ラジオとモバイルバッテリー。

懐中電灯が一つだけだったので、もう一つくらいあればさらに便利だったかもしれません。

 

また、今回断水もなく、家屋の倒壊もなかったので大きな被害はなかったですが、

とっさに逃げられるように、防災カバンを常備しておくことも考えなければなりません。

 

ちなみに、我が家は北ガスのコレモを設置していて、災害停電時でも発電し、コンセントも使えることが強みなのですが、

実際、地震時にコレモを使用していなかったため、停電時の発電は機能しませんでした。

 

コレモの発電には、あわよくば、くらいであまり期待しない方がいいかもと思いました。

 

 

ーーーーーーーーーー

 

実家にはラジオがありました。

 

誰かと一緒にいること、そうでなくても人の声が聞こえるということは、とても安心できることなんだと実感しました。

 

ラジオによると、6日の夕方には電気が復旧した地域もあったようですが、

実家はまだでしたので、明るい時間に下の子をお風呂に入れました。

 

大人は数日お風呂に入らなくても、最悪水シャワーでも我慢できますが、新生児はそうもいきません。

 

鍋にお湯を沸かして、水を張ったベビーバスにお湯を入れて温度を調節しました。

 

 

夕ご飯は、冷凍ご飯を解凍しておにぎりにしてランタンの明かりで食べました。

暗いと何食べてるのか分からないからなのか、あまり美味しくなかったです。

 

19時にはついに真っ暗になり、子どもとオセロなどをして遊びましたが、次第にやることもなくなり早めに寝ました。

 

余震の度に目覚めました。

 

 

結局、電気は7日の18時半頃復旧しました。

あとで話をきくと、札幌の中ではまあまあ遅い方だったようです。

 

確かに、隣のブロックでは復旧しているのになんでウチだけ…という思いは正直ありましたが、仕方のないことです。

 

病院や公共施設などを優先にしつつ、

残り全ての世帯を平等にするなんて無理な話で、

むしろ、全道的に停電なんていう大災害なのに、作業している方も被災者なのに、1日半で復旧しただけでありがたく感謝すべきですよね。

 

ライフライン関係の方、官公庁の方、自衛隊の方(他はちょっと思いつかないんですが)みなさま、迅速な対応をありがとうございました。

 

民間の方も、利益よりも慈善的に営業されていたところも多かったと思います。助け合いの精神に感謝です。

 

 

北海道のみなさん、また頑張っていきましょう!

 

f:id:matsurionna:20180913100811j:image

【北区】味覚園新川店。キッズルームにモニターあり。子連れに優しく美味しく焼肉。

こんばんは。

 

 

臨月に入ってから、

何があってもいいようにと終活のごとく身辺整理を行っていたのですが、

予定日を過ぎても出てくる気配がございません。。。

 

ということで結構暇なので、プラ板作りをやったんです。

小学生くらいの時に一度はやったであろうアレ。

プラスチックの板に絵を描き、色を塗り、オーブントースターで焼いたら縮むアレです。

 

 

プラ板がオーブントースターにくっつかないようにクッキングシートを敷き、

加熱して縮む様子をホクホクとみていたところ、

 

 

クッキングシートが燃えました。

 

 

焦げるとかそんな次元じゃなく、

 

キャンプに行って

「あっ着火剤忘れた」

「仕方ない、新聞紙で代用しよう」

って言って、新聞紙にチャッカマンをつけた後にぶわぁーと燃え広がるくらいの次元で燃えました。

 

あれ、広大な大地のもとでやるからこそ怖くない(そして意外と炭には着火しない)もので、

室内であれくらい燃えると、パニックになりますね!

無事鎮火しましたが、室内はかなり焦げ臭かったです。

 

終活していたとはいえ←

出産間近で死にたくないし、しかも出火原因がプラ板なんて、死んでも死にきれないなと思いました。

 

 

 

ーーーーーーーーーー

 

味覚園

 

世の中には「陣痛ジンクス」なるものがありまして、

オロナミンCを飲んだらとか、満月の時に陣痛がくるとか言われています。

同様に、焼肉を食べたら陣痛がくるんだとか。

 

ほーん( ˊ̱˂˃ˋ̱ )

 

 

味覚園は札幌にいくつか店舗がありますが、今回は新川店。

 

週末の夜は混んでて入れないことが多いと思い開店直後に行ったら、

同様のお客さんで行列が出来、少し時間前にオープンしました。

 

週末は色々なイベントをやっていますが、

行った時は小清水牛半額フェアをやっていましたよー。

 

f:id:matsurionna:20180820154601j:image

小清水牛のカルビに(奥は鶏せせり)、


f:id:matsurionna:20180820154557j:image

ネギ塩牛タン。

 

うまーい!焼肉さいこー!

 

 

味覚園の素晴らしいところは、ファミリーにとても優しいところ。

 

キッズメニューも豊富ですし、離乳食は一食無料!

ドリンクバーには、かき氷みたいなフローズンドリンクもあります!

キッズルームもあるうえ、キッズルームにモニターがあるので、食べている席からキッズルームの様子が確認出来る!

 

大人はゆっくり焼肉食べられて、子どもはゆっくり遊べて、みんな幸せになれますね。

 

 

ちなみに3日経っても陣痛は来ませんでした。

 

 

 

味覚園(新川店)

札幌市北区新川4条5丁目1-1

 

札幌新道沿い、駐車場あります。

 

 

☆新道向かい側には美味しいラーメン店が。

 

 

 

【北区】Cafe Natura。ランチは美味しい野菜のサラダバーが嬉しい。

こんばんは。

 

ポテトサラダ好きな人って多いですよね。

 

かくいう私も嫌いではありません。

が、世間のポテトサラダに対する評価の高さには納得いきません。

 

だって、

 

ポテトサラダっておかずにならないくせに作るの面倒すぎ!!

 

ご飯が進まないおかず代表として、よく肉じゃがが槍玉に挙げられますが、ポテトサラダも同じじゃないですか。

肉じゃがが叩かれるならポテトサラダも叩かれて然るべき。

 

なのに叩かれないのはサラダだから。

肉じゃがはおかずにカテゴライズされているせいで叩かれる。同じような材料なのに。

 

肉じゃがの日は納豆でも出せばいいけど、ポテトサラダの日はさらにもう一品作らなきゃいけない。

 

そのくせ作るの面倒。

 

じゃが芋茹で、ゆで卵作り、つぶして混ぜ合わせる手間をかけさせ、鍋やボウル(しかもベタベタ)の洗い物も多い!

主菜格の手間暇かけてるのに、結果サラダかよ。

サラダならレタスちぎってツナ缶ドバーの方が楽じゃん!

 

それなのに、なぜポテトサラダは人気のおかず扱いされているのか。

なぜ綾野剛がイケメン扱いされているのかと同じくらい議論されてもいいはずです。

 

 

ーーーーーーーーーー

 

 

Cafe Natura(カフェ ナトゥーラ)

 

ナトゥーラ 札幌」で検索すると美容院がよくヒットしますが、こちらはカフェレストランです。

 

好きなお店で何回もリピートしていますが、

先日はじめて平日ランチに行ったら満席。

この付近に住んでいるだろうマダムのおしゃべりで賑わっていましたよ。

 

こちらのお店、ランチにサラダバイキングがありまして、

さらに旬の野菜は自家菜園で無農薬のものが提供されるのが魅力!

 

 

f:id:matsurionna:20180809134422j:image

 

ポテトサラダがはみ出しているのはご愛嬌。

(だっていっぱい食べたいもん←)

数量限定ですがパンもありました。

 

メインはパスタやピザ、リゾットから選べます。

私はナスとモッツァレラのトマトソース。


f:id:matsurionna:20180809134417j:image

 

このナスがなまら美味しかった!

 

時期的に自家菜園だったのかどうかはわかりませんが、

丁寧に処理されたであろうナスがいい感じに香ばしくて、ナスの素晴らしさが前面に押し出されていました。

 

パスタもできたて熱々、美味しかった!

 

参考までに夜に行った時の写真も。

セットのサラダに、

f:id:matsurionna:20180809135806j:image

 

セットのデザート。
f:id:matsurionna:20180809135810j:image

 

こちらのお店、個室のような離れのお席もあり、若干絵本も置いてありました。

混雑を避ければ、子連れにも優しいお店だと思います。

 

 

Cafe Natura

札幌市北区太平11条4丁目9-14

 

お店前に駐車場があるのも嬉しいところ。

 

 

 

☆パスタが美味しいといえばこちらのお店も。

 

 

 

 

【東区】コンガリーナ。ボリュームも値段も味も大満足。通いたくなるクロワッサン専門店。

こんばんは。

 

臨月生活。

1人目が破水スタートだったので、いつ何が起こってもいいように、

外出時にはタオルや母子手帳を持ち歩くようにしています。

 

つい先日、ランチに出かけたときのこと。

食べ終わってトイレに行った時に、ついに

 

ぱーん

 

とはじけました。

 

あっ

 

と思わず声が漏れました。

 

 

 

 

 

なんと、ズボンのゴムがはじけたのです。

 

なんだ破水じゃないのかよ

 

と思うかもしれませんが、これはこれで大変なことです。

 

女性は概ねウエストにくびれがあるので、ゴムがゆるんでも腰骨で止まりますが、

 

マタニティ用の腹囲100㎝オーバーのズボンのゴムが切れ、

ノーくびれの腹ぼてですから、押さえていないとズボンはストンと落ちてしまいます。

 

それはダイエット通販番組の

「今まで履いていたズボンにこんなに余裕が!」まさにそれ。

 

慌ててカバンの中を探るも、ベルトもリボンもない。

 

しばし便座で頭を抱えましたが、

幸いカバンに入れっぱなしだった社員証の安全ピンで応急処置。

 

それでも不安定なのでズボンを手で押さえながら帰宅しました。

 

あきら100%は常にこんな緊張感でいるのか。尊敬。

 

 

ーーーーーーーーーー

 

コンガリー

 

 

みんな大好きクロワッサンの専門店。

 

札幌にはいくつかクロワッサンの専門店がありますね。(まだここ以外行けてません)

 

一時期、店主が子育てを理由にお店を閉じていた時期がありましたが待望の営業再開。

 

 

お店は2人か3人入れば身動きも取れない超こじんまり。

が、クロワッサンの種類は豊富で、10種類以上あって悩むー上がるー!

 

平日の昼間ですが、人気店なので常に人が出入りしていて、

さらにお店が狭いのでタイミングによっては外に並びます。

が、回転率がいいのでそんなに待ちません。

 

f:id:matsurionna:20180730163416j:image

 

写真のはクロワッサン(シュガー)とフランクが入ったクロワッサン。

軽くトーストしていただきます。

 

 

サクサクでいて、ふわっとしていて美味しい〜!

 

ここのいいところは、なんといってもコスパ

普通のクロワッサンは100円(税別)。

なのにとっても大きいの。スマホより大きい。

それでいてとても美味しい。

 

 

正直、もう少しお値段が高くて、とっても美味しいクロワッサンは他にもありますが、

(私はココペライのクロワッサンが好き)

 

値段や味や大きさなど、総合的に思うと、私はここのクロワッサンも相当好きです。

 

通いたい。

 

 

 

 

 

コンガリー

札幌市東区北31条東1丁目6-18

 

お店前に数台分の駐車場があります。

 

 

☆車で5分圏内にはコッペパン専門店も。